保険のすすめ

保険のすすめ

貯蓄型の保険について

保険は掛け捨てだと思っている方もいるようですが、掛け捨てではなく、貯蓄型の商品もあります。
養老保険は、満期になると満期金を受け取ることができる商品です。
満期金の金額や期間は契約するときに設定することができます。
満期までに万一のことがあれば、保障として保険金を受け取ることができます。
満期になると満期金を受け取ることができ、万一のときの保障もついているので、貯蓄型の商品として人気がある商品です。

終身保険も貯蓄型の商品です。
この商品は、解約金がどんどん貯まっていくタイプの商品なので、ある程度の期間が経って解約をすれば、まとまった金額の解約金を受け取ることができます。
解約をしなくても一部減額をすることである程度の金額を受け取ることも可能です。
この商品は、万一のことがあったときは、保障を受け取ることができ、保障は一生涯続くので、更新の必要もありません。
掛け捨てではなく、貯蓄になる商品を選びたいと思っている方は、このような商品を選んでみてはいかがでしょうか。

貯蓄型の保険商品とは?

保険という商品は本来、貯蓄に利用するものではない、という大前提がありますが、貯蓄型というものは存在しています。被保険者の体や生命をかけて、万が一の時には保険金が支払われ、元気に生存しているときには生存給付金というかたちで満期になってお金が支払われるのです。  貯蓄型商品の代表といえば、養老でしょう。一括もくしは月払いでお金を払いこみ、決められた満期時に決められた金額となって支払われます。それから個人年金、学資、元々は貯蓄が目的ではないにせよ、結果的にお金が貯まっているという状態になるのが終身です。死んでからのお金は必要ないと思われる人は終身を生存中に解約するのです。すると、解約返戻金という形でまとまったお金が戻ってきます。それぞれの商品は目的が違いますから、一度はしっかりと考えて色んな商品を組み合わせて持つことが望ましいです。そして死亡による保障は、その家庭環境や状況によって変えられるようにしましょう。不必要な保障をずっともっていると家計を圧迫する原因になりかねません。

recommend

Last update:2018/12/14